令和

2020年代

魔進戦隊キラメイジャー
大橋直久

写真(1→  2→  3→

5人のキラキラと輝くハートで奇跡を起こす。 華麗なスーパー戦隊。 「キラメキ」がテーマとなっている。

宝石と乗り物をモチーフにしている。

「キラメイストーン」という宝石を使う。 不思議なパワーを秘めている。 地球上には存在しない。 「赤」「緑」「ピンク」「青」「黄」の5色。 この5色は、自らの意思を持っている。

「人が輝いている」とは何かを追求する。 「絢爛(けんらん)豪華なバトル」をうたっている。

変身するためには、ブレスレットが必要となる。 キラメイ宝石(キラメイストーン)と、 心をつなげるための道具である。 「キラメイチェンジャー」という名前がついている。 変身するときは、盤面のチェンジボタンを押してから回す。

主な武器としては、「銃」と「剣」がある。 まず銃は「キラメイショット」という。 コイン状の強烈な弾丸を発射する。 後ろについているレバーを操作することで、 必殺技を発射する。

もう一つの武器である剣は、 「キラメイソード」という。 切れ味が鋭い。盾にもなる。 キラメイショットと合体させると、 キラメイバスターに変身する。

動画
Youtube
紹介映像→

放映開始
2020年3月8日(日)

俳優
赤:小宮璃央(こみや・りお)
写真→

青:水石亜飛夢(みずいし・あとむ)
写真→

桃:工藤美桜(くどう・みお)
写真→

緑:新條由芽(しんじょう・ゆめ)
写真→

黄:木原瑠生(きはら・るい)
写真→

2010年代

騎士竜戦隊リュウソウジャー
大橋直久

写真(1→  2→  3→

1975年の「秘密戦隊ゴレンジャー」に始まり、平成最後のスーパー戦隊となる今作のモチーフは「恐竜」と「騎士」。過去、恐竜は「獣電戦隊キョウリュウジャー」(2013年)など3作品あるが、今回は圧倒的なパワーを誇る「恐竜」に正義の魂を持った「騎士」をかけ合わせた新しい戦隊だ。

地球侵略をもくろむ宇宙の凶悪な戦闘民族「ドルイドン」から地球を守ろうと奮闘する古代人類「リュウソウ族」を描く。

ヒーローはティラノサウルスの力を持つ「リュウソウレッド」、同じくトリケラトプスの「リュウソウブルー」、アンキロサウルスの「リュウソウピンク」、タイガーサウルスの「リュウソウグリーン」、ニードルサウルスの「リュウソウブラック」の5人編成。装備は恐竜と西洋騎士の兜(かぶと)がイメージされたマスクを装着。リュウソウケンという剣を持ち「正義に仕える5本の剣(つるぎ)!」の決めゼリフでソードアクションを展開する。ソードに「リュウソウル」というアイテムを装着することで新たな力を手に入れることもできる。

脚本はドラマ「遺留捜査」などを手掛けた山岡潤平氏が初のスーパー戦隊を担当。

動画
Youtube
紹介映像→

番組予告→

変身シーン→

主題歌→

ケボーンダンス→

映画「「スーパー戦隊 MOVIEパーティー」」
放映開始
2019年

俳優
赤:一ノ瀬颯(いちのせ・はやて)
写真→

青:綱啓永(つな・けいと)
写真→

桃:尾碕真花(おさき・いちか)
写真→

緑:小原唯和(おばら・ゆいと)
写真→

黒:岸田タツヤ(きしだ・たつや)
写真→

金:兵頭功海(ひょうどう・かつみ)
写真→

快盗戦隊ルパンレンジャー
VS
警察戦隊パトレンジャー
快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー

写真(1→  2→  3→  4→  5→  6→

テレビシリーズで初めて2つの戦隊が主人公になった。 一つは「ルパンレンジャー」という泥棒グループ。 もう一つは「パトレンジャー」という警察のグループ。 いずれも3人組。 2つの戦隊はまっこうから敵対しているわけでなく、 どちらも戦う相手は基本的に悪者の集団ギャングラーである。 とはいえ、警察と泥棒という立場の違いもあって、 常に緊張関係にある。 ルパンレンジャーは昔の伝説的な泥棒(ルパン)の秘宝が欲しくて敵と戦う、というスタンスである。 2つの戦隊を主人公にしたのは、シリーズのマンネリを打破し、低迷する視聴率を回復させるため。

動画
映画
劇場版「快盗戦隊ルパンレンジャー VS 警察戦隊パトレンジャー en film」(Amazonビデオ)→

Youtube
変身シーン集→

主題歌→
放映開始
2018年

俳優
ルパン赤:伊藤あさひ(いとう・あさひ)
写真→

ルパン青:濱正悟(はま・しょうご)
写真→

ルパン黄:工藤遥(くどう・はるか)
写真→

パトレン赤:結木滉星(ゆうき・こうせい)
写真→

パトレン緑:横山涼(よこやま・りょう)
写真→

パトレン桃:奥山かずさ(おくやま・かずさ)
写真→
宇宙戦隊キュウレンジャー
宇宙戦隊キュウレンジャー

写真(1→  2→  3→

9人いるからキュウレンジャーと名乗っている。 初代のスーパー戦隊が5人で「ゴレンジャー」だったことから、 原点回帰の意味もあって命名された。 宇宙を舞台にしているのが特徴。 いろいろな星座のパワーを武器にして戦う。 時代設定は未来。 戦隊9人のうち4人は人間ではない。

動画
映画
劇場版「宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲」(Amazonビデオ)→

ビデオ
「宇宙戦隊キュウレンジャー Episode of スティンガー」(Amazonビデオ)→

「from Episode of スティンガー 宇宙戦隊キュウレンジャー ハイスクールウォーズ」(Amazonビデオ)→

Youtube
番組予告→

変身シーン集→

主題歌→
放映開始
2017年

俳優
赤:岐洲匠(きず・たくみ)
写真→

オレンジ:岸洋佑(きし・ようすけ)
写真→

銀:山崎大輝(やまざき・たいき)
写真→

緑:大久保桜子(おおくぼ・さくらこ)
写真→

黄:榊原徹士(さかきばら・てつじ)
写真→
動物戦隊ジュウオウジャー
動物戦隊ジュウオウジャー

写真(1→  2→  3→

40作目のスーパー戦隊。 ジュウオウジャーという名は「獣の王」の略で、 「ガオレンジャー」以来15年ぶりに「動物」がテーマになっている。 5人のヒーロのうち赤は人間だが、他の4人は動物と人間を兼ねた「ジューマン」という生き物。 野性的なキャラクターがそろっている。

動画
テレビ
テレビ番組 全48話(Amazonビデオ)→

映画
劇場版「動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!」(Amazonビデオ)→

劇場版「動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージfromスーパー戦隊」(Amazonビデオ)→

ビデオ
「帰ってきた動物戦隊ジュウオウジャー お命頂戴!地球王者決定戦」(Amazonビデオ)→

Youtube
紹介映像→

変身シーン集→

必殺技集→

主題歌→
放映開始
2016年

俳優
赤:中尾暢樹(なかお・まさき)
写真→

青:柳美稀(やなぎ・みき)
写真→

黄:南羽翔平(なんば・しょうへい)
写真→

緑:渡邉剣(わたなべ・つるぎ)
写真→

白:立石晴香(たていし・はるか)
写真→

黒:國島直希(くにしま・なおき)
写真→
手裏剣戦隊ニンニンジャー
手裏剣戦隊ニンニンジャー

写真(1→  2→  3→

忍者一族の末裔が、妖怪たちと戦う。 メンバー5人が血縁で結ばれており、赤と白が兄妹で、それ以外はいとこ。 武器は、シュリケン(手裏剣)や日本刀。 父や祖父も忍者として協力し、3世代で敵をやっつける。 途中から、血縁関係のない6人目の戦士(金色)が加わる。

動画
テレビ
テレビ番組 全47話(Amazonビデオ)→

映画
劇場版「手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖!」(Amazonビデオ)→

劇場版「手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド」(Amazonビデオ)→

ビデオ
「帰ってきた手裏剣戦隊ニンニンジャー ニンニンガールズVSボーイズ FINAL WARS」(Amazonビデオ)→

Youtube
紹介映像→

変身シーン集→

主題歌→
放映開始
2015年

俳優
赤:西川俊介(にしかわ・しゅんすけ)
写真→

青:松本岳(まつもと・がく)
写真→

黄:中村嘉惟人(なかむら・かいと)
写真→

白:矢野優花(やの・ゆうか)
写真→

ピンク:山谷花純(やまや・かすみ)
写真→

金:多和田秀弥(たわだ・ひでや)
写真→
烈車戦隊トッキュウジャー
烈車戦隊トッキュウジャー

写真(1→  2→  3→  4→

「電車」がテーマ。 何から何まで鉄道にこだわり、 子供たちを鉄道ファンへと道くような内容となっている。 戦隊シリーズでは珍しく、戦っている途中でヒーローの色が変わる。(これを「乗り換え」と呼んでいる)。 変身するときに「白線の内側に下がってお待ちくださ~い」というアナウンスが流れるなど、「やりすぎ」ともいえる鉄道へのこだわりの強さが好感を呼んだ。

動画
テレビ
テレビ番組 全47話(Amazonビデオ)→

映画
劇場版「烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS」(Amazonビデオ)→

劇場版「烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE」(Amazonビデオ)→

ビデオ
「行って帰ってきた烈車戦隊トッキュウジャー 夢の超トッキュウ7号」(Amazonビデオ)→

Youtube
番組予告→

変身シーン集→

主題歌→
放映開始
2014年

俳優
1号:志尊淳(しそん・じゅん)
写真→

2号:平牧仁(ひらまき・じん)
写真→

3号:梨里杏(現・小島梨里杏)
写真→

4号:横浜流星(よこはま・りゅうせい)
写真→

5号:森高愛(もりたか・あい)
写真→

6号:長濱慎(ながはま・しん)
写真→
獣電戦隊キョウリュウジャー
獣電戦隊キョウリュウジャー

写真(1→  2→  3→

恐竜をテーマにしている。 恐竜を取り入れた戦隊は、これまで「恐竜戦隊ジュウレンジャー」(1992年)と「爆竜戦隊アバレンジャー」(2003年)があった。 本作で3作目となる。 「ブレイブ(勇敢)」というフレーズが合言葉になっており、 正義のために勇敢に戦うことが美徳として掲げられている。 戦隊のメンバーは5人でスタートし、最終的に10人になる。 レッドに変身する主人公桐生ダイゴは「キング」というニックネームで親しまれる。 世界中を放浪してきただけあって野性味があふれ、天然っぽいキャラクター。やたらとダンスがうまい。

動画
テレビ
テレビ番組 全48話(Amazonビデオ)→

映画
劇場版「獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック」(Amazonビデオ)→

ビデオ
「獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ  恐竜大決戦!さらば永遠の友よ」(Amazonビデオ)→

「帰ってきた獣電戦隊キョウリュウジャー 100YEARS AFTER」(Amazonビデオ)→

Youtube
番組予告→

変身シーン集→

主題歌→
放映開始
2013年

俳優
赤:竜星涼(りゅうせい・りょう)
写真→

黒:斉藤秀翼(さいとう・しゅうすけ)
写真→

青:金城大和(きんじょう・やまと)
写真→

緑:塩野瑛久(しおの・あきひさ)
写真→

ピンク:今野鮎莉(こんの・あゆり)
写真→

金:丸山敦史(まるやま・あつし)
写真→

水色:木下あゆ美(きのした・あゆみ)
写真→

水色:ロバート・ボールドウィン(ろばーと・ぼーるどうぃん)
写真→

灰:出合正幸(であい・まさゆき)
写真→

紫:千葉繁(ちば・しげる)
写真→

紫:飯豊まりえ(いいとよ・まりえ)
写真→

銀:山下真司(やました・しんじ)
写真→
特命戦隊ゴーバスターズ
特命戦隊ゴーバスターズ

写真(1→  2→  3→

主人公たちは、異次元世界からの侵入者から地球を守るという特命を与えられた。 「スパイ」という設定になっている。 サングラスのスタイルが特徴的。 異次元のことを「亜空間」と呼んでいる。 亜空間に移動することを「転送」という。 当初は3人編成のチームでスタート。 途中から5人になった。 このうち銀(シルバー)は人造人間。

動画
テレビ
テレビ番組 全50話(Amazonビデオ)→

映画
劇場版「特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!」(Amazonビデオ)→

劇場版「特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE」(Amazonビデオ)→

ビデオ
「帰ってきた特命戦隊ゴーバスターズVS動物戦隊ゴーバスターズ」(Amazonビデオ)→

Youtube
番組予告→

変身シーン集→

主題歌→
放映開始
2012年

俳優
赤:鈴木勝大(すずき・かつひろ)
写真→

青:馬場良馬(ばば・りょうま)
写真→

黄:小宮有紗(こみや・ありさ)
写真→

金:松本寛也(まつもと・ひろや)
写真→
海賊戦隊ゴーカイジャー
海賊戦隊ゴーカイジャー

写真(1→  2→  3→

宇宙をわたり歩く「海賊」という設定になっている。 肩書は海賊だが、正義の味方である。 戦隊シリーズの35周年を記念し、歴代の戦隊がすべて登場するという前代未聞の番組となった。 ゴーカイジャーが他の戦隊ヒーローに変身して戦うことができる。

動画
テレビ
Amazonビデオ(テレビシリーズ 全51話)→

映画
劇場版「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」(Amazonビデオ)→

劇場版「海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船」(Amazonビデオ)→

劇場版「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」(Amazonビデオ)→

Youtube
番組予告→

変身シーン集→

主題歌→
放映開始
2011年

俳優
赤:小澤亮太(おざわ・りょうた)
写真→

青:山田裕貴(やまだ・ゆうき)
写真→

黄:市道真央(いちみち・まお)
写真→

緑:清水一希(しみず・かずき)
写真→

ピンク:小池唯(こいけ・ゆい)
写真→

銀:池田純矢(いけだ・じゅんや)
写真→
天装戦隊ゴセイジャー
天装戦隊ゴセイジャー

写真(1→  2→  3→

作品のテーマは「地球を護るために舞い降りた天使」であり、戦隊シリーズとしては初の「天使」という設定になっている。また、変身・戦闘の時に「カード」を使うのも、初の試みである。 カードのパワーで、武器の召喚や、変身、攻撃など、さまざまなことが行われる。ゴセイジャー集合時の決めゼリフは「地球(ほし)を護るは天使の使命、天装戦隊ゴセイジャー!」

動画
テレビ
テレビ番組 全50話(Amazonビデオ)→

映画
劇場版「天装戦隊ゴセイジャー エピック ON THE ムービー」(Amazonビデオ)→

劇場版「天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックON銀幕 」(Amazonビデオ)→

ビデオ
「帰ってきた天装戦隊ゴセイジャー last epic」(Amazonビデオ)→

Youtube
番組予告→

変身シーン集→

主題歌→
放映開始
2010年

俳優
赤:千葉雄大(ちば・ゆうだい)
写真→

ピンク:さとう里香(さとう・りか)
写真→

黒:浜尾京介(はまお・きょうすけ)
写真→

黄:にわみきほ(にわ・みきほ)
写真→

青:小野健斗(おの・けんと)
写真→

2000年代

侍戦隊シンケンジャー
侍戦隊シンケンジャー

写真(1→  2→  3→

その名の通り“侍”をモチーフに日本風ヒーローとして誕生した。チームリーダーが“殿”で、ほかのメンバーは“家臣”という、武士道を意識した設定はこれまでにない新鮮なもので、多くの視聴者に受け入れられた。また、変身アイテムが筆、専用武器が刀というのも興味をひいた。

書いた文字に宿る力を具現化するモヂカラを代々受け継ぎ、300年間、人類を脅かす外道衆と戦い続けてきた侍のリーダー、シンケンレッドが、4人の家臣、1人の幼なじみと結成したスーパー戦隊である。

出典:スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 vol.0 41大スーパー戦隊集結!

動画
テレビ
テレビ番組 全49話(Amazonビデオ)→

映画
劇場版「侍戦隊シンケンジャー銀幕版 天下分け目の戦」(Amazonビデオ)→

劇場版「侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!」(Amazonビデオ)→

ビデオ
劇場版「帰ってきた侍戦隊シンケンジャー 特別幕」(Amazonビデオ)→

Youtube
番組予告→

変身シーン集→

主題歌→
放映開始
2009年

俳優
赤:松坂桃李(まつざか・とおり)
写真→

青:相葉弘樹(あいば・ひろき)
写真→

ピンク:高梨臨(たかなし・りん)
写真→

緑:鈴木勝吾(すずき・しょうご)
写真→

黄:森田涼花(もりた・すずか)
写真→

金:相馬圭祐(そうま・けいすけ)
写真→

赤:夏居瑠奈(なつい・るな)
写真→
炎神戦隊ゴーオンジャー
炎神戦隊ゴーオンジャー

写真(1→  2→  3→

自動車や飛行機、列車などの“マシン”をモチーフとし、「炎神(エンジン)」という架空のメカ生命体とヒーローの関わりを強くアピールした内容となった。また、正義側と敵側の関係を単純化して“勧善懲悪”を目指したことで、幼児から大人までが楽しめる物語が展開されて大人気を獲得することとなる。

異次元にあるマシンワールドからきた正義のメカ生命体・炎神の協力によってヒューマンワールドに住む5人の若者たちがレッツ!GO-ON(変身)した姿。地球環境の汚染を企てる蛮機族ガイア―クに敢然と立ち向かう。戦いの中、ゴーオンウイングスが仲間に加わり、7人体制のスーパー戦隊となった。

出典:スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 vol.0 41大スーパー戦隊集結!

動画
テレビ
テレビ番組 全50話(Amazonビデオ)→

映画
劇場版「炎神戦隊ゴーオンジャー BUNBUN!BANBAN!劇場BANG!!」(Amazonビデオ)→

ビデオ
「炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX」(Amazonビデオ)→

Youtube
番組予告→

変身シーン集→

主題歌→
放映開始
2008年

俳優
赤:古原靖久(ふるはら・やすひさ)
写真→

青:片岡信和(かたおか・しんわ)
写真→

黄:逢沢りな(あいざわ・りな)
写真→

緑:碓井将大(うすい・まさひろ)
写真→

黒:海老澤健次(えびさわ・けんじ)
写真→

金:徳山秀典(とくやま・ひでのり)
写真→

銀:杉本有美(すぎもと・ゆみ)
写真→
獣拳戦隊ゲキレンジャー
獣拳戦隊ゲキレンジャー

写真(1→  2→  3→

“中国拳法”と“動物”をモチーフにして企画された『獣拳戦隊ゲキレンジャー』は、カンフーアクションを多く取り入れ、シリーズ内でもかなりのリアル格闘を目指した。また、正義と悪の両方が「獣拳」という拳法の使い手であり、互いに技を磨きながら成長していくという作劇は、これまでには見られなかったシチュエーションであろう。しかしながら、各話の内容が暗くなることは避け、児童が共感できるようなドラマ作りにも配慮がされた。

心に“獣”を感じた際に湧き上がる情熱、「激気」を全身に漲らせた拳士。「激獣拳ビーストアーツ」を極めており、「臨獣拳アクガタ」を駆使する悪の組織、激獣殿に立ち向かう。当初は3人だったが仲間が加わり、5人のスーパー戦隊となる。

出典:スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 vol.0 41大スーパー戦隊集結!

動画
テレビ
テレビ番組 全49話(Amazonビデオ)→

映画
劇場版「電影版 獣拳戦隊ゲキレンジャー ネイネイ!ホウホウ!香港大決戦」(Amazonビデオ)→

ビデオ
「獣拳戦隊ゲキレンジャーVSボウケンジャー」(Amazonビデオ)→

Youtube
番組予告→

変身シーン集→

主題歌→
放映開始
2007年

俳優
赤:鈴木裕樹 (すずき・ひろき)
写真→

黄:福井未菜(ふくい・みな)
写真→

青:高木万平(たかぎ・まんぺい)
写真→

紫:三浦力(みうら・りき)
写真→

白:聡太郎(そうたろう)
写真→
轟轟戦隊ボウケンジャー
轟轟戦隊ボウケンジャー

写真(1→  2→  3→

“冒険”をメインテーマとした「轟轟戦隊ボウケンジャー」は、地球各地に眠る秘宝を正義と悪の双方が探すという“トレジャーハンティング”をモチーフにした作品として製作された。ゆえに、ヒーローの使命は秘宝の悪用を阻止することであり、敵をせん滅することではないところが大きな特徴といえる。また、特筆すべきはミニチュアを使用した特撮シーンがこれまで以上に多くなっていた点だろう。

ボウケンジャーとは、危険なパワーを秘めた秘宝「プレシャス」を、悪の団体・ネガティブシンジケートの手から守る民間組織「サージェス財団」に所属する冒険者たちのチーム。プレシャスの回収が基本的任務だが、暴走した場合は破壊することもある。途中で仲間が加わり、6人体制となった。

出典:スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 vol.0 41大スーパー戦隊集結!

動画
テレビ
テレビ番組 全49話(Amazonビデオ)→

映画
劇場版「轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス 」(Amazonビデオ)→

ビデオ
「轟轟戦隊ボウケンジャーVSスーパー戦隊」(Amazonビデオ)→

Youtube
番組予告→

放映開始
2006年

俳優
赤:高橋光臣 (たかはし・みつおみ)
写真→

黒:齋藤ヤスカ(さいとう・やすか)
写真→

青:三上真史(みかみ・まさし)
写真→

黄:中村知世(なかむら・ちせ)
写真→

ピンク:末永遥(すえなが・はるか)
写真→

銀:出合正幸(であい・まさゆき)
写真→
魔法戦隊マジレンジャー
魔法戦隊マジレンジャー

写真(1→  2→  3→

”神秘!冒険!勇気!それは魔法!”のコンセプトのもとで制作された作品であり、ファンタジックなストーリーが展開された。また、家族全員が正義の戦士という、これまでのシリーズにはない設定が与えられている。本作では巨大ロボではなくヒーローたちが魔法で変身した巨大戦士が合体した魔人が登場した。

天空聖者と地上人の間に誕生した5人兄弟が結成したスーパー戦隊で、それぞれが強力な魔法を発揮。天空聖者の父とその弟子である勇者、魔法使いの母も仲間に加わり、地上界の侵略を企む地底冥府インフェルシアに立ち向かった。

出典:スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 vol.0 41大スーパー戦隊集結!

動画
テレビ
テレビ番組 全49話(Amazonビデオ)→

映画
劇場版「魔法戦隊マジレンジャー THE MOVIE インフェルシアの花嫁」(Amazonビデオ)→

ビデオ
「魔法戦隊マジレンジャーVSデカレンジャー」(Amazonビデオ)→

Youtube
番組予告→

変身シーン集→

放映開始
2005年

俳優
赤:橋本淳 (はしもと・じゅん)
写真→

黄:松本寛也(まつもと・ひろや)
写真→

青:甲斐麻美(かい・あさみ)
写真→

ピンク:別府あゆみ(べっぷ・あゆみ)
写真→

緑:伊藤友樹(いとう・ゆうき)
写真→

金:市川洋介(いちかわ・ようすけ)
写真→
特捜戦隊デカレンジャー
特捜戦隊デカレンジャー

写真(1→  2→  3→

”警察”をテーマとした『特捜戦隊デカレンジャー』は、既に人類と異星人たちが当たり前のように交流しているという”近未来世界”を舞台としたシリーズであった。ヒーローたちは宇宙警察地球署に所属する刑事であり、宇宙犯罪者や武器商人に立ち向かう”刑事ドラマ”として、毎回展開していく。

宇宙警察地球署のデカ(刑事)6人がエマージェンシー(緊急変身)し、デカスーツを装着した姿。地球各地で悪事を働く宇宙犯罪者アリエナイザーをジャッジメントし、逮捕することが任務である。

出典:スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 vol.0 41大スーパー戦隊集結!

動画
テレビ
テレビ番組 全50話(Amazonビデオ)→

映画
劇場版「特捜戦隊デカレンジャー THE MOVIE フルブラスト・アクション」(Amazonビデオ)→

ビデオ
「スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー」(Amazonビデオ)→

「特捜戦隊デカレンジャー 10YEARS AFTER」(Amazonビデオ)→

Youtube
番組予告→

変身シーン集→

主題歌→
放映開始
2004年

俳優
赤:さいねい龍二(さいねい・りゅうじ)
写真→

青:林剛史(はやし・つよし)
写真→

緑:伊藤陽佑(いとう・ようすけ)
写真→

黄:木下あゆ美(きのした・あゆみ)
写真→

ピンク:菊地美香(きくち・みか)
写真→

爆竜戦隊アバレンジャー
爆竜戦隊アバレンジャー

写真(1→  2→  3→

”恐竜”をモチーフとした爆竜ヒーローが創造され、生命力を表現した”アバレ”や”ダイノガッツ”をテーマに据えた作品であった。各ストーリーの所々にコメディーがちりばめられ、児童にも好まれる内容となっていたが、一方でヒーローと敵キャラクターとのラブロマンスやアンチヒーローの登場などのハードな展開も織り込まれていた。

別次元にあるもうひとつの地球・ダイノアースに住む竜人と爆竜の呼びかけで、太古の生命の力”ダイノガッツ”をもった若者が変身した爆竜戦士。侵略の園・エヴォリアンからアナザーアース(地球)を守ることが使命。

出典:スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 vol.0 41大スーパー戦隊集結!

動画
テレビ
テレビ番組 全50話(Amazonビデオ)→

映画
劇場版「爆竜戦隊アバレンジャー DELUXE アバレサマーはキンキン中!」(Amazonビデオ)→

ビデオ
「特捜戦隊デカレンジャーVSアバレンジャー」(Amazonビデオ)→

「爆竜戦隊アバレンジャーVSハリケンジャー」(Amazonビデオ)→

Youtube
番組予告→

変身シーン集→

主題歌→
放映開始
2003年

俳優
赤:西興一朗(にし・こういちろう)
写真→

青:富田翔(とみた・しょう)
写真→

黄:いとうあいこ
写真→

黒:阿部薫(あべ・かおる)
写真→

白:田中幸太朗(たなか・こうたろう)
写真→
忍風戦隊ハリケンジャー
忍風戦隊ハリケンジャー

写真(1→  2→  3→

”忍者”がモチーフとなった『忍風戦隊ハリケンジャー』ではあるが、やはり最大の特徴は作品に登場するヒーローたちが疾風流、迅雷流、宇宙統一忍者流などに分かれているという、極めて変則的な設定が取り入れられたスーパー戦隊だったことであろう。また、敵にも個性的なキャラクターが多数登場したことで、新たなファンも誕生した。

忍風館第507期の生徒である疾風流のおちこぼれ忍者3人が20年ぶりに変身することになった姿。迅雷流忍者の電光石火ゴウライジャーや宇宙統一忍者流のシュリケンジャーと力を合わせて宇宙忍群ジャカンジャに挑み、忍者の究極奥義である”アレ”を守り抜く。

出典:スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 vol.0 41大スーパー戦隊集結!

動画
テレビ
テレビ番組 全51話(Amazonビデオ)→

映画
劇場版「忍風戦隊ハリケンジャー シュシュッと THE MOVIE」(Amazonビデオ)→

ビデオ
「忍風戦隊ハリケンジャー 10 YEARS AFTER」(Amazonビデオ)→

「忍風戦隊ハリケンジャーVSガオレンジャー」(Amazonビデオ)→

Youtube
番組予告→

変身シーン集→

主題歌→
放映開始
2002年

俳優
赤:塩谷瞬(しおや・しゅん)
写真→

青:長澤奈央(ながさわ・なお)
写真→

黄:山本康平(やまもと・こうへい)
写真→

カブト:白川裕二郎(しらかわ・ゆうじろう)
写真→

クワガ:姜暢雄(きょう・のぶお)
写真→
百獣戦隊ガオレンジャー
百獣戦隊ガオレンジャー

写真(1→  2→  3→

地球を守る聖なる力、パワーアニマルに選ばれた6人の戦士ガオレンジャー。6人は授かったアニマルパワーで地球を蝕む鬼・オルグから、生き物たちを守るために戦う。

”自然回帰”をテーマに”野生動物”をイメージしたヒーローたちと彼らをサポートする精霊・パワーアニマルの演出に力点を置いて制作された。また、ドラマ内容もこれまで以上に明快となっており、児童から大人までの幅広い視聴者を納得させるストーリー展開が評価されたことで、多くのファンを獲得する作品となっている。

大地の精霊、パワーアニマルに選ばれし、5人の青年が結成したスーパー戦隊で、地球を蝕む鬼・オルグに挑んだ。戦いの途中で1000年の眠りから目覚めた戦士が加わり、6人編成となる。

出典:スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 vol.0 41大スーパー戦隊集結!

動画
テレビ
テレビ番組 全51話(Amazonビデオ)→

映画
劇場版「百獣戦隊ガオレンジャー 火の山、吼える」(Amazonビデオ)→

ビデオ
「百獣戦隊ガオレンジャー VS スーパー戦隊」(Amazonビデオ)→

Youtube
番組予告→

変身シーン集→

主題歌→
放映開始
2001年

俳優
赤:金子昇(かねこ・のぼる)
写真→

黄:堀江慶(ほりえ・けい)
写真→

青:柴木丈瑠(しばき・たける)
写真→

黒:酒井一圭(さかい・かずよし)
写真→

白:竹内実生(たけうち・みお)
写真→

銀:玉山鉄二(たまやま・てつじ)
写真→
未来戦隊タイムレンジャー
未来戦隊タイムレンジャー

写真(1→  2→  3→

30世紀の凶悪犯がタイムマシンで現代に逃亡。未来と現代の若者たちがタイムレンジャーとなって囚人を追う。

”時間”をテーマとして取り上げ、レッド以外のヒーローは30世紀の未来からきた戦士たちとして設定される。また、従来のシリーズ以上に高年齢層を視野に入れたハードなストーリーや恋愛ドラマなどを織り込まれており、中心視聴者である児童らにはやや難解な内容となっていた。

30世紀からきた4人の時間保護局員と、偶然に知り合った20世紀の大学生によって結成されたチーム。30世紀から逃亡してきた宇宙犯罪者、ロンダーズファミリーを逮捕することが使命。後に6人目の戦士が加わるが、完全な仲間ではなかった。

出典:スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 vol.0 41大スーパー戦隊集結!

動画
テレビ
テレビ番組 全51話(Amazonビデオ)→

ビデオ
「未来戦隊タイムレンジャーVSゴーゴーファイブ」(Amazonビデオ)→

Youtube
番組予告→

変身シーン集→

主題歌→
放映開始
2000年

俳優
赤×白:永井大(ながい・まさる)
写真→

黄:小泉朋英(こいずみ・ともひで)
写真→

青:城戸裕次(きど・ゆうじ)
写真→

桃:勝村美香(かつむら・みか)
写真→

緑:倉貫匡弘(くらぬき・まさひろ)
写真→

赤×黒:笠原紳司(かさはら・しんじ)
写真→

1990年代

-->
救急戦隊ゴーゴーファイブ
大橋直久

写真(1→  2→  3→

災害をひき起し、人類を滅ぼそうと企む災魔(さいま)一族が襲来!人の命を守るため、巽(たつみ)家の五兄弟がゴーゴーファイブに着装する。

"災害救助""人命救助"に力点を置いた『救急戦隊ゴーゴーファイブ』は、消防士や警察官、救急救命士を職業とする5人兄弟を主人公に据えて"地球の未来を守るレスキュー戦士たちの活躍"というコンセプトで製作された。また、戦闘や救助に関わる装備を登場させ、メカニックの魅力を表現する特撮カットが多数用いられた。

巽防災研究所が結成したレスキューチームで、父が密かに制作していたアンチハザードスーツを5人兄弟が着装した姿。地球に大災害をもたらそうとする災魔一族から人類を守るため、超科学装備を駆使して活躍する。

出典:スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 vol.0 41大スーパー戦隊集結!

動画
テレビ
テレビ番組 全50話(Amazonビデオ)→

ビデオ
未来戦隊タイムレンジャーVSゴーゴーファイブ(Amazonビデオ)→

救急戦隊ゴーゴーファイブVSギンガマン(Amazonビデオ)→

救急戦隊ゴーゴーファイブ 激突!新たなる超戦士(Amazonビデオ)→

Youtube
番組予告→

変身シーン集→

主題歌→
放映開始
1999年

俳優
赤:西岡竜一朗(にしおか・りゅういちろう)
写真→

黄:柴田賢志(しばた・けんじ)
写真→

青:谷口賢志(たにぐち・まさし)
写真→

桃:坂口望二香(現・柴田かよこ)
写真→

緑:原田篤(はらだ・あつし)
写真→

星獣戦隊ギンガマン
大橋直久

写真(1→  2→

3000年前、星獣たちとともに宇宙海賊バルバンを封印した、ギンガの森の戦士たちの133代目の継承者が結成。甦ったバルバンを討伐する使命を帯びてギンガの森を後にし、活動を開始した。後に黒騎士が仲間に加わり、6人体制となる。

前作の最新科学とは異なり、"自然"を意識したのが『星獣戦隊ギンガマン』である。地球のどこかに存在する"ギンガの森"で暮らす銀河戦士たちが"アース"と呼ばれる神秘の力を発揮し、宇宙海賊バルバンの侵略から人類を守るという、ファンタジックな内容となっている。また、主人公の兄が敵戦士との対決によって行方不明になるなど、ややシリアスな内容が加味された意欲作といえよう。

出典:スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 vol.0 41大スーパー戦隊集結!

動画
テレビ
テレビ番組 全50話(Amazonビデオ)→

ビデオ
星獣戦隊ギンガマンVSメガレンジャー(Amazonビデオ)→

救急戦隊ゴーゴーファイブVSギンガマン(Amazonビデオ)→

Youtube
番組予告→

変身シーン集→

主題歌→
放映開始
1998年

俳優
赤:前原一輝(まえはら・かずき)
写真→

黄:高橋伸顕(たかはし・のぶあき)
写真→

青:照英(しょうえい)
写真→

桃:宮澤寿梨(みやざわ・じゅり)
写真→

緑:末吉宏司(現・Koji)
写真→

黒:小川輝晃(おがわ・てるあき)
写真→

電磁戦隊メガレンジャー
大橋直久

写真(1→  2→

スーパー戦隊シリーズ第21作目にあたる今作は、平成新時代のキーワード「デジタル」をモチーフに採用、高校生を主人公に据えた作品である。

諸星学園高校に通う5人が変身する「電磁戦隊メガレンジャー」。彼らは普通の高校生活を過ごしながらも、異次元よりの侵略者「ネジレジア」と戦う日々を送る。

脚本の武上純希や小林靖子をはじめ平成特撮を担っていく人材が多く参加し、第8話より放送時間も日曜の朝に移動した。浦沢イズムが横溢し、ある種の変化球として見られることも多い前作『カーレンジャー』以上に、シリーズの新時代到来を感じさせる。

等身大の高校生としての内面とヒーロー性の葛藤を全編に渡って色濃く描く一方、シリーズ王道のコメディ編も秀作が多く非常にバランスが良い。

特撮面でも、特に第32話の月面戦闘シーンをはじめ、90年代東映特撮の魅力に溢れている。シリーズにおける新旧双方の要素が高い次元で融合した一作だ。

出典:別冊映画秘宝「平成大特撮 1989-2019」

動画
テレビ
テレビ番組 全51話(Amazonビデオ)→

ビデオ
星獣戦隊ギンガマンVSメガレンジャー(Amazonビデオ)→

電磁戦隊メガレンジャーVSカーレンジャー(Amazonビデオ)→

Youtube
番組予告→

第44話(総集編)→

主題歌→
放映開始
1997年

俳優
赤:大柴邦彦(おおしば・はやと)
写真→

黄:田中恵理(たなか・えり)
写真→

青:松風雅也(まつかぜ・まさや)
写真→

桃:東山麻美(ひがしやま・まみ)
写真→

黒:江原淳史(えはら・あつし)
写真→

銀:金井茂(かない・しげる)
写真→

激走戦隊カーレンジャー
大橋直久

写真(1→  2→  3→

『激走戦隊カーレンジャー』は本当に人生を変える衝撃の出会い。20万ソコソコのお給料で車会社の仕事とチーキュ(地球)の平和を守るという使命を託され、不満をあらわに1の力を5分割して戦う交通安全スーパー戦隊。

EDの歌詞が下級戦闘員からの目線、という類を見ない異色さに惹かれ、本気で見てみたらそれまで特に興味のなかった「キャラクターでの芝居」に一気に引き込まれました。

日本人は特に「表情のないもの」の芝居に自分で解釈をつけて表情を読む、ということを得意とする民族だそうで。

能や文楽にも通じる、と言ったら色々な意見があると思いますが、表情のない仮面のキャラクターがこんなに活き活きと、しかもカーレンジャーは戦闘のみに特化して変身するのではなく、日常の行動をキャラの状態で過ごしたり、キャラに変身してても怪獣にビビったり、という。

私はやっとそこから「面の芝居」というものの魅力に気づき、他の特撮も見始めました。

キャラの状態で普通の日常を過ごすシュール感から、一気に爆発する熱いスーパー戦隊魂、それにしては間の抜けた怪人。すべてが大好きです。

出典:別冊映画秘宝「平成大特撮 1989-2019」

動画
テレビ
テレビ番組 全48話(Amazonビデオ)→

ビデオ
電磁戦隊メガレンジャーVSカーレンジャー(Amazonビデオ)→

激走戦隊カーレンジャーVSオーレンジャー(Amazonビデオ)→

Youtube
番組予告→

第1話→

主題歌→
放映開始
1996年

俳優
赤:岸祐二(きし・ゆうじ)
写真→

黄:本橋由香(もとはし・ゆか)
写真→

青:増島愛浩(ますじま・よしひろ)
写真→

桃:来栖あつこ(くるす・あつこ)
写真→

緑:福田佳弘(ふくだ・よしひろ)
写真→

超力戦隊オーレンジャー
大橋直久

写真(1→  2→  3→

U.A(国際空軍)に所属する5人の隊員が、6億年前の超古代文明が残した超力を身につけ、OHスーツを装着した姿。宇宙の侵略者、マシン帝国バラノイアから地球を防衛する使命を帯びている。異空間で眠っていた超古代戦士、キングレンジャーが途中で仲間に加わった。

20周年記念作品である『超力戦隊オーレンジャー』は、それぞれの数字をモチーフとしたキャラクターマスクがデザインされ、巨大ロボは動物や古代文明のイメージで統一したことが特徴的である。

ちなみにこの時期から『秘密戦隊ゴレンジャー』と『ジャッカー電撃隊』が「スーパー戦隊シリーズ」に加えられることになった。

出典:スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 vol.0 41大スーパー戦隊集結!

動画
テレビ
テレビ番組 全48話(Amazonビデオ)→

映画
劇場版「超力戦隊オーレンジャー」(Amazonビデオ)→

ビデオ
激走戦隊カーレンジャーVSオーレンジャー(Amazonビデオ)→ 超力戦隊オーレンジャー オーレVSカクレンジャー(Amazonビデオ)→

Youtube
劇場版予告→

変身シーン集→

主題歌→
放映開始
1995年

俳優
赤:宍戸勝(ししど・まさる)
写真→

黄:麻生あゆみ(現・穂高あゆみ)
写真→

青:合田雅吏(ごうだ・まさし)
写真→

桃:さとう珠緒(たまお)
写真→

緑:正岡邦夫(まさおか・くにお)
写真→

黒:山口将司(やまぐち・しょうじ)
写真→

忍者戦隊カクレンジャー
大橋直久

写真(1→  2→  3→

400年前に、隠流(かくれりゅう)忍者が妖怪の総大将(そうだいしょう)ヌラリヒョンを封じたという「封印の扉」。現代、一般人として暮らしていた隠流の末裔(まつえい)・サスケとサイゾウが妖怪カッパにそそのかされて、その封印を解いてしまった!

復活した妖怪をもう一度封印するため、忍者たちの一家の総領(そうりょう)・鶴姫(つるひめ)は5人の忍者を招集し忍者戦隊カクレンジャーを結成。妖怪車両ネコマルを拠点にクレープ屋を営みつつ各地を移動、妖怪封印の旅を始める。

80年代から海外で盛り上がり始めたニンジャブームを受けて「忍者」をモチーフにした作品。

そのため、敵妖怪のデザインやカートゥーン調の演出などにもアメコミテイストが見られる。軽妙なキャラクターのやり取りやテンポのよい忍術アクションの中にも、父娘の絆や忍者の宿命といったハードなストーリーが織りこまれてる。

獣将(じゅうしょう)、超忍獣(ちょうにんじゅう)、獣将ファイターと、忍術で召喚したという設定の巨大ロボが多いのも特徴。(今矢宗佑)

出典:「スーパー戦隊」40周年!

動画
テレビ
テレビ番組 全53話(Amazonビデオ)→

映画
劇場版「忍者戦隊カクレンジャー」(Amazonビデオ)→

ビデオ
超力戦隊オーレンジャー オーレVSカクレンジャー(Amazonビデオ)→

Youtube
番組予告→

主題歌→
放映開始
1994年

俳優
赤:小川輝晃(おがわ・てるあき)
写真→

黄:河合秀(かわい・しゅう)
写真→

青:土田大(つちだ・ひろし)
写真→

白:広瀬仁美(ひろせ・さとみ)
写真→

黒:ケイン・コスギ
写真→

五星戦隊ダイレンジャー
大橋直久

写真(1→  2→  3→

今を去る6000年前、中国奥地に栄えた古代ダオス文明では、「気力」と「妖力」を操るふたつの種族が争っていた。そして現代。その妖力を操るゴーマ一族が、人類を支配しようと活動を開始。導士嘉挧(どうしかく)は、かつてゴーマ一族と争ったダイ族の末裔である少女リンを中国から呼び寄せると同時に、ダイ族の気力を受け継いだ若者たちを集めてダイレンジャーを結成。ゴーマ一族の野望に立ち向かう。

中国ファンタジー調の世界観が特徴的なシリーズ第17弾。当時の格闘ゲーム人気により、中国拳法を採り入れたアクションも非常に印象的であった。さらに、6人目の戦士となった少年コウ=キバレンジャーの出自の謎、終盤に明かされる嘉挧の秘密、天幻星大五(てんげんせいだいご)とダイ族の女戦士クジャクとの悲恋など、多彩なキャラクターの挿話がシリーズを彩っている。最終回では50年後の世界が舞台となり、ダイレンジャーの孫たちがゴーマ新怪人を相手に新たなる戦いを始めるという驚くべき展開を見せている。

出典:スーパー戦隊Walker

動画
テレビ
テレビ番組 全50話(Amazonビデオ)→

映画
劇場版「五星戦隊ダイレンジャー」(Amazonビデオ)→

Youtube
番組予告→

名乗り集→

主題歌→
放映開始
1993年

俳優
赤:和田圭市(わだ・けいいち)
写真→

黄:土屋圭輔(つちや・けいすけ)
写真→

青:羽村英(はむら・えい)
写真→

桃:高橋夏樹(たかはし・なつき)
写真→

緑:能見達也(のうみ・たつや)
写真→

白:酒井寿(さかい・ひさし)
写真→